会員規約

第1条(Beeside)
「Beeside」とは、メディテック株式会社(以下「弊社」といいます)が提供するインターネット上の転職支援サイト(https://www.Beeside.jp 以下「Beesideウェブサイト」といいます)の総称をいいます。
第2条(本サービスの内容)
本サービスは、Beesideによって提供される下記のサービスを基本的な内容とします。
  1. (1) 案件情報閲覧サービス
    本サービス上に掲載されている企業の案件情報を個人利用者が閲覧することにより、当該案件の正社員等に対して申込みを行うことができるサービス
  2. (2) プロフィール情報掲載サービス
    本サービス上に個人利用者のプロフィール情報を掲載しクライアントの閲覧に供することにより、クライアントからの正社員等の申込みの誘引を受けることができるサービス
第3条(会員)
Beeside会員(以下「会員」といいます)とは、Beesideに個人情報およびその他の情報を登録して会員登録の申込みをし、弊社がこれを承認した者をいいます。当該承認後、会員はBeesideにおいて弊社が展開する会員向けサービスの一切(以下「会員サービス」といいます)を利用できるものとします。
会員は、申し込みをした時点で、本規約の内容を完全に承諾しているものとされます。
弊社は、会員登録を申し込んだ個人が会員として不適当と判断した場合には、その登録を拒否することができ、弊社はこれについて一切の責任を負わず、また登録を拒否する理由を申込者に説明する義務も負いません。また、申込者はこれらにつき異議を申し立てないものとします。
第4条(パスワード等の管理)
個人利用者は、Beesideが発行したパスワード等を善良な管理者の注意をもって適切に管理し、これらが他の第三者に漏洩しないように細心の注意を払うものとします。
また、Beesideは、サーバに不正にアクセスしたことにより個人利用者に生じた損害については一切の責任を負わないものとします。
第5条(変更の届出)
会員は、Beesideへの届出内容、又は登録内容に変更があった場合には、弊社に対し速やかにその届出をするものとします。この届出を遅滞したことにより損害が発生した場合には、その損害は全て当該会員が負担するものとします。
第6条(第三者の範囲)
会員サービスの提供のための事業の全部又は一部を、他社に委託する場合があります。この場合、弊社は、当該委託先に対し、弊社が保有する個人情報の取扱いの全部又は一部も委託することがありますが、このような場合の当該委託先は、前条の第三者には該当しないものとします。なお、当該委託先における個人情報の取扱いについては弊社が責任を負います。
第7条(禁止事項)
ユーザーは、本サービスの利用に際し、以下の行為(以下の行為に該当する恐れのある行為を含みます)を行なってはならないものとします。
  1. (1)虚偽又は誤りを含む情報を登録する行為
  2. (2)採用事実の隠蔽など、求人企業の不正に協力する行為
  3. (3)公序良俗・法令・条例等(直接または間接的に適用され得る規則、条例、ガイドライン、外国の法令を含みます)に反する行為
  4. (4)社会常識・通念を逸脱した行為
  5. (5)当社、他のユーザー、求人企業及び第三者を誹謗中傷、プライバシーの侵害をする行為
  6. (6)その他、当社が不適切と判断する一切の行為
第8条(停止・除名)
会員が本規約に違反したと弊社が判断した場合、弊社は当該会員に何らの催告無しに、即時に会員サービスの提供を停止し、又は終了することができ、かつこれにより当該会員に発生する一切の損害について、弊社は何らの責任も負わないものとします。その場合において、弊社はその判断の根拠もしくは理由の開示、質問等への回答、その他一切の対応を行う義務はないものとします。
第9条(免責)
本規約の各条項に定めるものの他、Beesideへの登録もしくはその利用から発生する一切の損害(精神的苦痛、又はその他の金銭的損失を含む一切の不利益)に関して、責任を負わないものとします。
弊社自身が提供する情報以外に、登録企業、会員等がBeesideに登録し掲載する情報の真実性、完全性、網羅性、正確性、合法性、安全性、有用性、有効性、適切性等について、何ら保証するものではなく、それらの情報から発生する一切の損害について、何らの責任も負わないものとします。
弊社は、会員からの問い合わせに回答する際、もしくはサービス運営に必要と判断される場合、会員のID及びパスワードを使用できるものとします。
第10条(本規約の変更)
弊社は本規約を随時変更することができるものとします。変更の内容についてはBeesideウェブサイト上に表示した時点で、全ての会員が了承したものとみなします。
第11条(第三者に対する責任)
会員がBeesideの登録、利用により、第三者に対して損害を生じさせた場合には、会員の責任において解決するものとし、弊社は何らの責任を負いません。
第12条(損害賠償)
ユーザーが本規約に違反し、又はユーザーの故意・過失により、当社又は第三者に対して損害を与えた場合、ユーザーは、当社又は第三者に対し、その損害を賠償する義務を負担します。但し、求人企業がユーザーに対して不正(採用事実の隠蔽等)への協力を要請した場合等、不正の存在を知った場合に、ユーザーが当社に求人企業の不正を申告したときには、当該ユーザーはその責を負わないものとします。
第13条(反社会的勢力の排除)
  1. 1. 個人利用者は、Beesideに対し、個人利用者に関して、次の各号に定める事項を表明し、保証するものとします。
    1. (1) 現在及び将来において、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下、これらを「反社会的勢力」と総称します。)に該当しないこと
    2. (2) 現在及び将来において、次の各号のいずれにも該当しないこと
      1. (A) 反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること
      2. (B) 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
      3. (C) 自ら若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を与える目的をもってするなど、自ら又は第三者を通じて、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること
      4. (D) 自ら又は第三者を通じて、反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関係を有すること
      5. (E) 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係その他密接な関係を有すること
    3. (3) 現在及び将来において、自ら又は第三者を利用して、Beeside又はBeesideの関係者に対し、詐術、暴力的行為又は脅迫的言辞を用いないこと、また風説を流布し、偽計又は威力を用いてBeesideの信用・名誉を毀損し、又はBeesideの業務を妨害する行為を行わないこと、その他これらに準ずる行為を行わないこと
    4. (4) 反社会的勢力にBeeside又はBeesideの関係者の名義を利用させないこと
  2. 2. Beesideは、個人利用者が次の各号に一つでも該当する場合、個人利用者に対する何らの催告なしに直ちに本サービスを停止することができるものとします。
    1. (1) 個人利用者が自ら、又は第三者を利用して、Beesideに対し暴力的行為、詐術、強迫的言辞、業務妨害行為などの行為をした場合
    2. (2) 個人利用者が、反社会的勢力であることが判明した場合
    3. (3) 個人利用者がBeesideから求められた反社会的勢力でないことの確認に関する調査等に協力せず、資料等を提出しない場合
  3. 3. 個人利用者は、Beesideが前項により本サービスを停止した場合のほか、個人利用者が反社会的勢力であることを理由として取引を終了した場合、Beesideに対して一切の損害賠償を請求することはできないものとします。
第14条 (管轄裁判所)
本規約に関する紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。